sukiskincare スキスキンケア ジャパン オフィシャルサイト
キュートな名前のオーガニック・ナチュラルスキンケアブランド「suki(スキ)」。

このブランド名は日本語の「好き」が由来なのではなく、創設者である「スキ・クレイマー」のファーストネームから来ています。

suki®(スキ)は2002年、ボストンにあるスキ・クレイマーの自宅キッチンで、砂糖やお米、ラベンダーやカミツレ等、身近にある食べ物や植物だけで作られて誕生しました。
 

一般的な肌トラブルからエイジングの悩みまで、様々な肌悩みを解決することを目指し、植物と食べ物だけで作られた100%合成化学物質フリーのスキンケアブランドで、手にして頂く事で自分自身に自信をもっていただくことを目指しています。

創設者のスキ・クレイマーは化粧品業界の経験も無ければ化学者でもなく元々はジャーナリスト。

彼女自身も長年、周りの人と同じようにお肌に関する悩みを抱え、市販の医薬品や皮膚科での診療、美容の「専門家」が勧める治療法などを試してみましたが、どれもその悩みを解決する事は出来ませんでした。

実際のところ、どの化粧品ブランドも説明書に書かれている効果・効能を発揮したモノはほとんどなかったのです。

彼女は、化粧品について研究し学ぶにつれ
”自分が必要としている製品こそが、まさに世界が必要としている 製品である”
ということを実感します。

それは”高い効果を持つ天然のナチュラル成分のみを使用する”という、誰もがその良さを謳いながらも実現することができていない、これまでとは全く違う新しい製品です。

実際に世の中に存在する「ナチュラル」を謳い文句にしたスキンケア商品のほとんどは、化学薬品を使っています。

彼女は“100%自然原料のみを調合してこれまでにないスキンケア商品”を作りたいと考え、 ハーバリスト・自然療法士、ホメオパシー医師、植物学者、化学者などのコンサルティングを得て自宅のキッチンで植物と食べ物だけで作られるsukiの原点を作りあげます。
 
その後商品化にこぎつけ、小さな小瓶に手書きのラベルをつけて販売してみたところ大きな反響があり、sukiは あっという間に「ヘンリ・ベンデル」や「ホールフーズ」で取り扱われ、 医学的にも効果実証されたナチュラルコスメとしてアカデミー賞、グラミー賞、メルセデスベンツファッションウィークなどのセレブ向けギフトとして選ばれるまでに成長しました。
 
 
大きな研究所や高名な化学者が生み出したものではない、”おばあちゃんの知恵”的な感覚で生み出されたsuki。

sukiはアロエやリンゴ、レモンやお砂糖などの食品、ひまわりやカモミール、ラベンダーなどの植物というように身近にある自然原料のみを使い、すべて手作業で作られているから、安全で安心です。

大企業ではないからこそ実現できる、100%自然原料、100%合成化学物質不使用のパワフルなハンドメイドスキンケア。

sukiは「Know your beauty, Know your products.(自分の美を知り、自分が使う商品を知ろう)」を信条に しています。

それは身近な自然原料のみを使い、本当に安心して使ってもらえる製品を作っているからこそ言える言葉なのです。



 
女性の悩みに寄り添ったsukiskincare

ほとんどの女性は、様々な年齢や人生のステージで肌に関する悩みを抱えるようになります。

”ニキビ””しみ””乾燥””小じわ”と言った一般的な肌悩みだけでなく、皮膚炎といった深刻な問題にまで取り組んでいかなければなりません。
特にお肌に関する問題は女性の自尊心に大きく影響します。  

sukiスキンケアの創設者”スキ クレイマー”も皆と同じで、いつも自分に必要なスキンケアを探し求めてきましたが、自分が求めるスキンケアは世の中に存在せず、最終的にはマサチューセッツにある研究所で自身で考案した、”合成物質をつかわないピュアなスキンケア製品ラインアップ”sukiスキンケアを生み出しました。



 
社長であり、創設者であるクレイマーがいかにしてスキに辿り着いたのか?をここでお伝えいたします。

【インタビュアー】:スキを立ち上げる前の職についてお聞かせください。

【スキクレイマー】:私も多くの起業家と同じで、最終的に私の使命となるスキンケア開発を始める前は複数のベンチャー事業を起こしていました。スキを始める前は、テニス用品を提供する会社を立ち上げ、他に負けないテニス用品を提供する事を目標にしていました。 また、大学時代にはジャーナリズムをしていてその時、ノンフィクションが自分が本当に興味のあるもので、将来”作家”になるということは、私の人格から持って生まれたものだということに気づきました。

マサチューセッツ大学ではジャーナリズムを専攻し、心理学を副専攻。
”事”の理由を知る為、常に物事の核心に迫り、常に深く掘り下げ、真実に辿り着くための難しい質問を日々投げかけていました。その経験が、事実の正当性を立証するという素養を身につけ、調査スキルを磨いたフリーランスの作家へと導いたのだと思います。   

これが、私の自己発見への道の原点です。 

 
肌に自信がなかったスキ。人とのかかわりを避けて自分を隠して生きてきた。

いつも私は、誰かの世話になるのではなく、自立することの必要性を感じていました。 

これは私の人生が極端に不安定な状態であったことから、いろいろな意味で様々な角度で世の中を見ることができたからだと考えられます。

私は若い頃からずっと肌トラブルに悩まされていました。特に、体中が湿疹だらけ。肌が過敏なことで、若い女性によくありがちな自己批判的な自分を作り上げ、人との関わりを避けて、だぼだぼの服を着て、体を隠すようにしてました。 

自分自身が情けない。
成長するにつれて、自分の肌トラブルのせいで始まったか、一人ぼっちで壁側にいるような行動のせいでなったのか覚えていないですが、明らかにからかわれる様になっていました。  
どちらにしても、肌トラブルがくだらない問題ではなく、肌表面より心の傷が深くなるのがわかりました。

このことが私を美の世界に導きました。

スキスキンケアを始める前、私は肌トラブルを解決するために、医薬品からデパートに売ってるブランド品、自然派といわれるものまですべて試しました。  
そのいくつかは、短期的には落ち着いても、副作用なくして長期的に肌が落ち着くということはありませんでした。

結果的に私は、何故私の様な人のために効果的な製品がないのか? なぜ企業はそれらを作り出ださないのか?ということを探求するようになります。


科学者やジャーナリストは、困難な質問の答えを3重に確認し答えを探すよう訓練されています。 また、ジャーナリストは人が話したくない、助けたくないという時でさえ辛抱強くいなければなりません。その経験が私を突き動かします。

懸命な調査の後、スキンケア製品に使われる活性薬剤、フタル酸エステル類や合成物質、香料などは”合成化学物質””刺激物質””染料や保存料”と同じく長期間影響を与える毒性物質である事を発見します。皮膚炎や湿疹などを実際には、治すことのないコルチゾンまで入っていることもあります。これらは、ほとんどすべての商品で処方されていました。

実はギトギトしていないシンプルな軟膏が、角質をうまく取り除き、長期にわたってダメージを与えることなく、皮膚を回復させてくれたりするのです。


 
誤解を招いているスキンケア。

「スキンケア」と呼ばれるものを提案する際に、マーケティング的に誤解を招く恐れがあります。

たとえば有効性についてクレームを受ける時、実際に皮膚が炎症をおこして、免役反応として、皮膚が少し腫れあがることで「小じわや皺が減ったように見える」のは、実際にぞっとします。
 
これは、私が化粧品化学者になるルートで発見してきた事実です。 肌が刺激に対する耐性ができるため望んだ結果はいつしか消えます。結果的に、時間をかけて同じ効果を得るために肌がさらに強いものを求めてしまい、皮膚本来の機能にダメージを少しずつ与えているのです。

 
合成化学物質を一切使用しないというsukiの思い

私は、
-肌バランスを整え、肌が本来もつ機能を引き出し、補い、サポートしてくれるスキンケア製品作ること、 人間の体が健康的に反応する混じりけのない100%純粋な原料をつかうこと、デパートや、ドラッグストアで手に入るもの以上の結果を導き出すこと を決意しました。 

そして、2つの約束を誓います。

まず、合成化学物質を一切使わないこと。
そして、私の製品が、従来の化粧品と同じように結果をだす、 または、それ以上の結果をだすということを証明されなければなりません。 

自説を裏付けるために十分検証を行い、それに満足することなく臨床実験や検証が必要でした。


化粧品化学者になり、最初に聞いたのは私の目標は不可能だということでした。
実際に、自分がやろうとしているものをどう作っていいかまったく分かりませんでした。

きわめて有効なアクネケア製品やアンチエイジング製品で使われている有効成分と同じ効果のある植物成分がベースで、 同様に洗練された肌触り、香料技術で調合された精油だけで作られたアロマブレンド、100%合成物質を使わない乳液(化粧水)を作る。
と化学者に話した時のことを覚えています。ピュアで、合成でもない、アレルギー性のものでもないものです。 

そう語ると、笑われ、少なくとも多少合成のものを使わない限り不可能だともいわれました。 

このことを、私の使命と受け止め、挑戦し続けました。
自信を失ったりアップダウンを繰り返した2年間、昔ながらの漢方医や皮膚科医といった化学者たちのかけがえのない援助で、試行錯誤を繰り返しました。

さらに化粧品業界に深くかかわるようになると同時に、ラベルやボトルに表示の真実を知り、その情報のほとんどが恐ろしいものである事を知ります。

 
オーガニック認証マークに惑わされないで!

最近オーガニックコスメが世界的に見ても注目を集めています。
ただ、オーガニックの認証マークを信用するばかり商品の全成分を確認する顧客が少ないことに危機感を覚えています。
一般的にオーガニックコスメの定義は営利企業であるその認証団体が定めたオーガニック成分の配合量を満たしていれば認証マークを取得することができます。
例えば80%がオーガニック成分、残り20%がケミカル成分であっても80%を基準としている団体のオーガニック認証マークは取れるのです。
このことに気付いた私はゾッとしました。 結局のところそれは完全自然に寄り添ったスキンケアではないのです。
認証マークで顧客を安心させることに私は憤りを感じ、その事が自分自身の考えと知識により忠実でいる決意を確固たるものにし、認証マークを取らないことをポリシーにしています。
全成分表記が私たちの安心安全の証明なのです。sukiの全成分は全て皆が知っている成分であり、私たちのスタッフは全て何から取った成分なのか説明することができます。

 
世界No.1のシュガースクラブの誕生

そして2002年、私の自宅のキッチンで4つの製品が産声をあげました。そのなかで今でも一番人気なのが、最初の洗顔であるお砂糖の洗顔料エクスフォリエイトフォーミングクレンザーです。 

 
 
 
【インタビュアー】:スキ スキンケアは、いつ創立され、その使命は何ですか?

【スキクレイマー】:スキは2002年に創立されました。私のように肌トラブルを解決する方法を探している人が他にいることを知り、目標はいつも自分自身の肌トラブルを解決するということでした。 

効果のあるスキンケアと本当にピュアで混じりけのないスキンケアブランドを作りたい!と言う思いが、自分自身の肌トラブルがなくなっただけでなく自分で事業を拡大、継続させるということを通じて自信がつき、今まで自信がなかった女子だった私は大きく変わりました。

自分がよく使う言葉ですが、 「know your beauty自分の美しさを知る。」 は、私にとって非常に大切なものです。 教育をうけ、知識を身に着け、社会的力をもつ、自分であることにまさに、自信をもつということ。それは、年齢、自分の歴史、耐えてきたすべて、自分になるために乗り越えてきたことをすべて受け入れると言う事。 
私達は、完璧ではありません。自分を受け入れ、自分自身の言葉で、美しさを定義し、真の自分でいることを自分で認めてあげることです。スキスキンケアの使命は、女性が美しいと感じ、肌に自信をもっていただけるようにしていくこと、また、真の美しさが放たれるような実際に効果のある、健全な製品を提供することです。



【インタビュアー】:製品ラインアップ コレクションを教えてください。

【スキクレイマー】:スキスキンケア製品コレクションは、すべての女性の独自性を尊重するものになっています。

二人として同じ肌をもつ人はいません、それぞれ強みと課題をセットでそれぞれ持っているのに、多くのブランドは、私達が数年前と同じ人でないということに気づいていません。
肌は私達とともに様々に変化します。だからこそ、革新的なスキンケアシステムを開発し100%ピュアで臨床的に立証されたsukiスキンケアが必要です。

sukiスキンケアにはバランシングとナーリシングがあります。それぞれのシリーズは、肌悩みに応じたスキンケアメソッドを提供してくれます。女性の変化するニーズにも問題なく対応できます。 

この製品ラインは、
(乾燥肌やアンチエイジングの組み合わせ)に対応し、必要な栄養を与えるナーリシングシリーズ
(脂性肌やニキビ肌の組み合わせ)に対応しオイルバランスを調整するバランシングシリーズとあり
多くの女性が持つ問題に、幅広く対応しています。原材料は、相乗効果で調和とバランスを作り出すよう働きかけるというところで選ばれます。  

バランシングはオイルバランスを調整するケア。皮脂のアンバランス、炎症や細菌という根本的な原因に対処します。 
ナーリシングは、エラスティンに弾力を与え、コラーゲンを活性化させ高い割合の抗酸化作用のある成分をお肌に浸透させます。 

それぞれのスキンケア処方は、複雑あるいは、シンプルかは、その人の肌状態によります。 
例えば、大人ニキビ肌や乾燥肌、小じわ、またニキビ跡や炎症に悩む女性がいるかもしれません。 様々なコンビネーションが存在します。 実際に、一つの肌状態という女性にお会いしたことがありません。



【インタビュアー】:どのような肌トラブルに一番対応していますか?

【スキクレイマー】:質問は、どのような肌トラブルに一番対応しているか?ですね。
私が知っている女性は、一つの問題だけという方はいらっしゃいません。 それぞれ、複数の問題をかかえています。 ときには、脂性乾燥肌のように相反する問題をかかえている場合もあります。 他社製品は、一つの肌タイプのみをケアし、混合肌を悪化させたり一つのスキンケア処方ですべての肌トラブルを解決してくれると信じる消費者を失望させたりしています。 

スキスキンケア処方は、すべての問題を考慮し、調和のとれた方法でお肌に対応します。 放射線治療を受けている方など、多くのお客様と対応するなかで、学んだことが、もっとも誇りに思う所です。 レスキューバームやエクスフォリエイトフォーミングクレンザーがお肌に必要な栄養を与え、活力を取り戻し、日焼けによるダメージを最小限にします。これらの製品が、極端に敏感肌であってもご利用いただけるものであるという評価を多くいただいております。

 



【インタビュアー】:どのような原料を使用していますか?

【スキクレイマー】:そうですね、合成化学物質を使わないということは、明らかです。 
合成のものを時折使うということにはなりません。 しかし充填剤がすばらしい流動効果と安定効果をもっています。 凝固剤は安定していて供給に便利です。だからこそ、多くの異なる合成化学物質が他の原料の中に、合法的に隠れて使われるのです。消費者はそれを知りませんし、何が害を与えるかも知らないのです。 合成化学物質が私達の健康と安心に与える影響を、私達は、知りません。 80,000種類以上の合成化学物質が毎日、製品に使われているのです。 たった数千種類だけが毒性検査がされ、それには、内分泌混乱や免疫学的因子などは含まれてません。   

スキは、人間の体に馴染のある、まさに細胞レベルで受け入れるような原料のみを使用しています。例えば、すべての含水製品は、スキ自社の有効成分である植物濃縮物やセンチフォーリアのつぼみを三層フィルターで抽出したものなどを使用しています。




 




フランスのグラース地方の高度300mから400mの間の険しい丘で取れたもので、これらのバラは手摘みで収穫され、豊富なビタミンと老化防止効果や、肌のpH値を最適な状態にし、細胞を強化しながら、収斂と潤いを与える化粧水として他に匹敵するものがない効力をもちます。

製品ラインの基盤として、有効成分である植物濃縮物がこの上ないバイオアクティブアベイラビリティ(生物学的効能)で力強い効果をもたらし、肌の脂質と水溶性の両極性に非常に合い、スキバイオアクティブ薬用成分が皮膚深く浸透していきます。 

有効成分である植物濃縮物は、市場で入手できるものではなく、その効果を発揮させるために必要な厳しい基準があるため、マサチューセッツ、ノーサンプトンにある施設にて生産機能を発達させなければなりませんでした。
その他の成分は、高い効能のある植物由来のスキバイオアクティブ薬用成分に分類されます。最もプレミアムなスキンケア製品を求め、効果のあるレベルの植物由来の有効成分を幅広く研究しています。  

例えば、10年以上前ですが、スキンケアに老化防止効果のあるレスベラトロールを始めて起用した会社の一つが私たちの会社でした。そのほか、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アサイオイル、天然由来レチノールなどの成分があります。すべての成分は、第三者機関の臨床検査を受けて、本物であることを証明し、この業界の高い純度基準を満たさなければなりません。




 




【インタビュアー】:製品はどう作られますか?他の製品と、どう違うのでしょうか?

【スキクレイマー】:簡単に言うと、製品は混じりけもなくピュアで、他にはない働きをします。 
すべての製品は、私が手がけます。私がやることの殆どが、私自身と何が必要かシャイでなかなか言えないなんていうことがない私たちのお客様のニーズを基にしています。  
マーケティング的には、28歳から58歳が核になります。 最終的な処方と製法には、臨床試験を行います。 
「スキフォーミュラ」になるには、100%合成化学物質フリーであり、効果があるという私の基準を満たさなければなりません。私は、自分の理想をもとに会社を立ち上げ、いつもその基準を維持してきました。設立当初より、関わっていただいたお客様はとくにその事実を感じていると思います。

 


スキスキンケアの臨床結果

トラブル、エイジング肌供に84%以上の改善結果が見られている。
 

 


【インタビュアー】:スキ製品を愛用している有名人は?

【スキクレイマー】:何人かあげるとすると、エバ・ロンゴリア、エディ・ファルコ、べサニー・フランケル、ジェニー・ガース、アンバー・ハード、エリザベス・ロームやヘイデン・パネッティアです。ジェシカ・アルバのは自信の著書(「The Honest Life:気取らずに、正直に生きる」)の中で、乾燥肌に作られた製品モイスチャーリッチクレンジングローションに触れています。



 




【インタビュアー】:スキは、海外で販売をしますか? その場合、どこの国になりますか?

【スキクレイマー】:スキはグローバルに販売しています。 実際に、一番拡大しているマーケットは、 デンマークです。 そのほか、日本、ドイツ、ドバイやイギリスがあります。過去10年間、海外市場に参入し、スキスキンケアは非常に好評を頂いております。   急速に拡大していく兆候が見えています。



【インタビュアー】:スキは、長年にわたり、他にどうやって発展をしてきましたか?

【スキクレイマー】:毎年成長しておりますが、コア・コンセプト(核となる基本概念)は変わりません。  常に100%自社を所有し、投資家を持つということがなかったので、私の目標に投資家による影響というのはありませんでした。長いカーブの成長を遂げていますが、私たち全員が、集結し再び能力を発揮するときです。私自身の能力を高めるだけでなく、ここにいる全員が責任をしっかり持ち、チームとして能力を高めていくことです。 私たちは、小さいですが急成長しています。私達の多くは、強固で自説を曲げず、思慮深い女性ですが責任をもって、創造的に提案し仕事と発展に専念するクールな男性も何名か加わりました。  私達は、チームです。 それぞれのおかげで、前に進み続けられます。 それぞれが新しいことを学び、新しい挑戦をしていかなければなりません。  



【インタビュアー】:一番売れているアイテムは何ですか?

【スキクレイマー】:一番売れているアイテムは、エクスフォリエイトフォーミングクレンザーナーリシングクリームバランシングデイローションです。



【インタビュアー】:一番気に入っている製品は、何ですか?

【スキクレイマー】:私は、49歳です。 他の人同様、混合肌で下部が脂っぽい。 まず、一番に笑じわをなんとかすることからですので、 私の処方は、エクスフォリエイトフォーミングクレンザーバランシングトナーユースセラムアイバームレスキューバームを毎日使っています。



【インタビュアー】:秋・冬のスキンケアのヒントを教えてください。

【スキクレイマー】:秋は、その先の長い冬にそなえる肌作りにつきます。  私のように、西海岸に住んでいるのであれば特にです。古い角質除去し、皮膚再生が一番私にとって重要になります。 しかし、冬は、乾燥、室内暖房、新鮮な空気にふれることもないため、肌に厳しいものとなります。しっとりとした乾燥のない肌を保つために、死んだ皮膚細胞であるカサカサした古い角質を取り除いくことをことをおすすめします。 私は、夜に厚めにアイクリームを塗りますが、オーバーナイトクリームをたっぷり顔中に塗ることはお勧めしません。  肌は、皮膚呼吸をし排毒を夜間しているのでそのかわりに、フェイシャルオイルを使います。  少し湿った肌が、よく浸透するので入浴後すぐの、ボディオイルやバランシングローションがおすすめです。  すべての保湿剤は、お肌が湿っているときが一番浸透します。外が非常に寒いときは暖かいのが心地よいですが、熱に肌をさらしすぎることは、お勧めできません。



【インタビュアー】:製品包装について教えてください。

【スキクレイマー】:私達の目標は、常に責任をもってすべてを行うことです。 例として再生紙を利用したり、責任あるコーティングガラス包装を行っています。 プラスティックの利用は考えていなく使うとしても、できる限り少量を心掛けています。ガラス包装は、そそられないですが、すばらしいスキンケア経験から、効能を考えた私の考えの一つです。 製造、ラベル、詰め作業から、製品包装まで、できる限り、完璧に、責任をもって、すべてを行い、部品調達から印刷も、責任あるパートナーと共に行っております。 私は、創設者であり社長ですが、すべての製品を自分で考案もしますし、製品のクオリティーや恒常性もチェックします。 

スキスキンケアは、素晴らしいスタッフによって作られ、ラベルを貼られ詰められています。  これが、新鮮さを保証し、更に重要なことは、私達の基準を常に高くし、私の最初の考えに忠実であるといういことです。



【インタビュアー】:スキが支援する運動や慈善事業は何ですか?

【スキクレイマー】:会社を立ち上げてから、一番やりがいがあり、思いもよらない恩恵は、治療をうけてる人や遺族のかたからの手紙でした。放射治療を受けている際に、患者さんの肌に唯一使える製品がスキ製品であったということを学んだことは心を打たれると同時に悲しくもありました。 特別なケアを提供する、ファーバーセンターのような機関や癌センターと共に2,3年前に働き始めました。そこは、特別な場所です。乳がん活動は、私の会社のように、真実をあばくことがすべてで気に入っている活動です。

返品について

返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。 

配送・送料について

ヤマト運輸
当サイトでは、ヤマト運輸でお届けいたしております。なお、お届けは日本国内のみとなりますので、予めご了承ください。

◆商品のお届け期間
ご注文をいただきましてから、お手元に商品が到着するまでに通常2〜4日程度でお届けいたします。

◆商品のお届けが遅延した場合
ご注文時期、天候不順や自然災害などによっては10日前後かかる場合がございます。もしもお届けに遅延が生じるような場合は、その旨をご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆配送料
全国一律648円

ご購入金額が税別で10,000円未満の場合は、全国一律648円にてお届けいたします。
ご購入金額が、10,000円以上の場合は送料無料でお届けいたします。 

支払い方法について

全額ポイント利用
全額をポイントでお支払いの時に選択してください。
 
クレジットカード、ネットバンキング払い
クロネコwebコレクト クレジットカード払い

クロネコwebコレクト ネットバンク払い 
商品代引き(ヤマト運輸)
代金引換時には現金の他、以下の決済方法をお選び頂けます。

宅急便コレクト お届け時カード払い

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

お支払い方法を代金引換でご希望された場合は、代金引換手数料をお客様に別途ご負担いただいております。代金引換手数料はご購入金額によって異なります。

〜10,000円:324円
10,001〜30,000円:432円
30,001〜100,000円:648円
100,001〜300,000円:1,080円 
銀行振込
北陸銀行へのお振込みをお願いします。
振込み手数料はお客様負担にてお願いします。 

モバイルショップ